記事一覧

ワキガと多汗症の関係とは

ワキガと多汗症は別のものだということも、強調しておいたほうがいいでしょう。ワキガは日本では「臓臭症」といいますが、欧米では「腋窩多汗症」といいます。欧米ではワキガ臭そのものよりも、多量の発汗が問題視されるのです。欧米ではワキガ体質の人が非常に多いため、ニオイそのものを日本ほど気にすることがありません。ですから治療をするにしても、ニオイよりも「汗の量を調節する」という観点から行われているようです。

一方、日本では「腋窩多汗症」はワキの下に多量の汗をかくことを指し、ワキガとは区別しています。つまりワキガと多汗症は、それぞれ別々の症状なのです。しかし、ワキガと多汗症はまったく関係がないかというと、そうとも言えません。そもそも、多汗症はエクリン汗腺から多量の汗が分泌される症状です。この汗にはほとんどニオイがありませんから、これだけで「ワキガ臭がする」ということはないはずです。

ところが、ニオイの元であるもう一つの汗、アポクリン汗腺と皮脂腺から分泌される汗にエクリン汗腺から出る多量の汗が加わると、どうなるでしょうか?エクリン汗がアポクリン汗を広範囲に流し広げてしまうため、ニオイがワキ全体に広がってしまい、その結果強いニオイが発散してしまうのです。つまり、多汗症はワキガを助長させるものだ、と言うことができるでしょう。日本では欧米と遠い、汗とニオイの両方が問題視されます。そのため治療にあたっては「多量の汗と強いニオイの両方を改善する」という視点から行われています。

体臭とワキガは別のものです

自分はワキガではないかと気にする人が一番悩むのは、ワキガと体臭の区別でしょう。この境界線があいまいなために、少々体臭が強いだけなのに「自分はワキガだ」と思いこんでしまう方が多数いらっしゃいます。ワキガは、医学的には「腋臭症」もしくは「臭汗症」といいますが、単に汗臭いだけでは腋臭症とはいいません。「ワキガ」と「汗臭さ」「体臭」は、まったくの別物なのです。ニオイは体のいたるところから出ています。息のニオイ、髪のニオイ、汗のニオイ。それらが渾然一体となって、その人特有の「体臭」をかもし出します。

ほとんど体臭のしない人もいれば、強い人もいます。ですが少々体臭が強いからといって、それを「ワキガ」とは呼びません。私たち人間も動物の一種です。さまぎまなエネルギーを取り込み、不要なものや老廃物を排泄して生きています。そうした営みを続けて生きている限り、体のニオイが発生するのを避けることはできません。カゼをひいて2~3日寝込んだりすれば、それだけで汗のニオイは強くなるものです。

またニオイの強いものを食べれば体臭や口臭となってニオイを放ちます。けれども、これらは日常生活の中で気をつけていれば防げるものです。ところがワキガは違います。ワキガの場合は発生場所や原因がはっきりしていても、この激しいニオイを簡単に防ぐことができません。ワキガと体臭は根本的に別のもの。良心的な医師のカウンセリングを受けた結果、重症のワキガだと判断されるような場合は、手術などの特別な方法によらなければ、そのニオイを解消することはできないのです。

「ワキガは遺伝する」というのは、本当でしょうか

ワキガの原因となるアポクリン汗腺の発達の程度は、遺伝によっても左右されます。先ほどちょっと触れましたが、両親のうちいずれかにその体質があると約50%、両親ともにワキガ体質である場合は80%と、かなり高い確率で子供に遺伝するとされています。ですから、自分がワキガかどうか判断するとき、両親がワキガ体質であるかどうかは重要なチェックポイントになります。お子さんを持つ方は、その点に注意しておいたほうが良いでしょう。両親が知らないうちに、お子さんがワキガで人知れず悩んでいるかもしれないからです。

ご両親のどちらか、あるいは二人ともワキガ体質なのであれば、お子さんの耳アカを調べてみると良いでしょう。耳の中のアポクリン汗腺は子供の頃からすでに発達していますから、耳アカがねっとりと湿っているようならワキガ体質が疑われます。もちろん断定はできませんが、目安にはなります。お子さんが「ワキガ体質かもしれない」と知っておけば、対処のしかたも違ってくるでしょう。ただ、たとえワキガ体質が遺伝していても、必ずしも強いニオイを発するとは限りません。

ワキガの原因は遺伝以外にも数多くあるからです。日頃の食生活やライフスタイル、ストレスの程度など、いろいろな要素がありますし、たとえワキガであったとしても、症状の度合いによっては日常生活上のさまぎまな工夫でニオイを抑えられるケースもあります。ですから両親がワキガ体質だからといって 「自分もワキガだ」と短絡的に考えるべきではありません。もしかしたら違うかもしれませんし、そうであったとしても症状は人それぞれに差があります。いずれにせよ、気になるようであれば一度専門の医師に相談してみると良いでしょう。

足だけの「独特な二オイ」の正体は

では、イソ吉草酸を定着さえないようにするにはどう洗えばよいのでしょう。実際のところ、私が見てきた限り、たいていの人は足の洗い方が足りないようです。そういうと、「いや、自分はしっかり洗えている」と反論する人もいます。しかし本人が一生懸命洗っている「つもり」でも、実際には洗えていないというケースがよくあるのです。足を洗う際のポイントは、次の2つです。

①足の指のあいだまで洗う
②定の爪のあいだを洗う

指のあいだは垢や汚れがたまりやすく、体を洗う時におざなりになりがちな場所でもあります。あなたは足の指のあいだを1本ずつ広げて洗っているでしょうか? そこまではやっていなかったという人は、これから1本1本広げるように伸ばしながら、指のあいだを泡で包み洗いしてください。このとき、指の裏側も忘れずに。爪の先や、爪と周囲の皮膚とのあいだの汚れは、普通に洗っていても、落としきることができません。しっかりかき出すために、歯ブラシを1個、足の指専用にして浴室に置いておき、1週間に1度使うようにするとよいでしょう。また、洗う時にシャンプーを使うと、足のニオイを予防しやすくなるといいます。洗いすぎは禁物ですから、皮膚の上の常在菌まで消してしまわないよう、「足の指のあいだ」と「足の爪のあいだ」という2つのポイントを入念に洗ってください。

ここまでは汚れやニオイを定着させない洗い方を紹介しましたが、しみ込んでしまつたニオイには、酢を使った足浴がオススメです。足の汚れを落としたあと、大きめの洗面器にやや熱めのお湯をはり、大さじ3杯程度の酢を入れて両足をひたすだけ。酢に含まれるクエン酸が、細菌の繁殖を抑えます。湿り気は雑菌を繁殖させる原因となるので、浴室から出たら指のあいだから爪の周囲まで、水分を残さずよくふきとり、乾燥させましょう。洗いすぎや乾燥でかかとが角質化している人は、要注意です。汚れが入り込み、ニオイのもとになってしまうので、保湿クリームでなめらかな皮膚をとり戻しましょう。

定着してしまった「足のニオイ」は シャンプーと酢で落としきる!

ニオイが気になる体のパーツの3つ目は、「足」です。これは心当たりのある人が多いでしょう。とくに1日中歩きまわった日などは、靴下をぬいだときの足のニオイに、思わず顔をそむけてしまったということもあるはずです。そんな強烈なニオイが起こる最大の原因は、ズバリ靴です。足は体の中でも汗腺が集中していて、緊張したりすると汗をかきやすい場所です。じつは、手のひらも同じように汗をかきやすい場所なのですが、常に外気にさらされているため、蒸れることがなく気づくようなニオイは発生しません。

一方の足は、汗かきな場所であるにも関わらず、常に靴下や靴で密閉されています。すると汗がこもり、靴の中を高温多湿にします。高温多湿になった靴の中では雑菌が繁殖しては、せっせとニオイ物質を作り出し、結果、悪臭が発生するというわけです。極端な話をすると、裸足で生活をすれば、足のニオイに悩まされることはほぼなくなります。とはいえ、「じゃあ裸足で生活しょう!」というわけにもいきませんね。足のこオイは現代人ならではの悩みであるといえるのです。

脇の下に匹敵するような強いニオイがする足ですが、意外なことに足の裏にはアポクリン汗腺はありません。代わりにニオイのもととなっているのが、アンモニア、酢酸をはじめとした物質で、とくに足独特のニオイは「イソ吉草酸」という脂肪酸が主となっています。イソ吉草酸はごく微量でも強いニオイを発し、しかも一度発生するとなかなかニオイがなくならないという困った物質です。

その分泌量は遺伝的な要素が強く、汗にイソ吉草酸が多く含まれる体質の人ほど、足がにおいやすいことがわかっています。しかも日々の入浴で、しっかり洗えていないと、イソ吉草酸は角質層に定着していきます。しみ込んでしまったニオイは、表面をサッと洗ったくらいではとれませんから、足のこオイ対策では、イソ青草酸を角質層に定着させないこと、そして足の清潔を保つことが何より大切なのです。

ページ移動